株式会社藤本コーポレーション

FUJIMOTO座談会/Discussion Meeting

第1回|同世代(昭和61年生)座談会やってみた!

藤本コーポレーションに入社する前はどんなお仕事をしていた?


墨川:マンション系の給水給湯の配管工を組み立てたり、あとは施工しに行ったり…

國高:全然違う。(笑)

FUJIMOTO座談会の様子

墨川:現場のお仕事だったのは一緒だけどね。大阪と東京に支社があったからその現場に入って仕事したりかな。それが18歳に入って3年半くらい勤めて22歳の時に藤本コーポレーションに入社した。

國高:2社目なんですね。

佐古:僕は入社する前は職業訓練で印刷の勉強1年間してきてその前はフリーターで結婚式場の聖歌隊をしたりバイトをしてきた。

國高:そうだ、社員旅行で美声聞かせてくれましたよね。音楽系の学校行かれてましたよね。

佐古:うん。音大だね。

國高:羨ましい…。私はうちが4社目で1~2社目が広告代理店の営業、3社目でリゾート施設のマーケティングのお仕事をしてました。

人事:みんな全然違うジャンルから入ってるね。(笑)

印刷のお仕事の面白いところとは!?


墨川:うーん、初めて印刷に関わった時は印刷がこういう風に出来るんだとか4色の掛け合わせで出てくるんだとか、それを知った時は感動したかな。

國高:おお~確かに仕組みは知れば知るほど奥が深いし、面白い。

FUJIMOTO座談会の様子

墨川:うん、網点の集合体で印刷の絵柄が出来る事とか、あとは実際に自分がオペレーターになってから自分が印刷したチラシとかが入ってたりするとそれは嬉しいし、感動する。

佐古:印刷に限らず技術的にうまくなればなるだけ良い色が出るし、どれだけ時間をつめてどれだけ良いものを生み出せるかというのが面白いと思ってやってるかな。

國高:職人ですよね。機械使ってるけど職人技というか。

墨川:気づいたら機械に話しかけてるもん。

一同:(笑)

國高:もう機械と話出来るようになっちゃうんだ。

墨川:うん、なんでこうならないのとか、文句ばっかりかも。(笑)

佐古:あ~あるかも。

國高:あるあるなんだ!(笑)

人事:2人ともオペレーターだもんね。

國高:オペレーターになるのって何か資格とか試験とかあるんですか?

墨川:それはないけど、部長が認めたらなる感じ。自分の時はもうミスってもいいからとにかくやれって感じで。(笑)今11年目だけど4年目くらいの時からオペレーターの仕事はやり始めていたかな。

國高:佐古さんって私同じくらいの時期で入社してますよね?私入社して5年。

佐古:ちょうど5年位。

國高:一緒だ、佐古さんも早い段階でオペレーターになってますよね。

FUJIMOTO座談会の様子

佐古:人数が少なかったのもあるかも。(笑)

人事:人数多い時からLS(※枚葉印刷機の機種名)回してたじゃん。

墨川:LSって難しい?結構くせとかある?

佐古:癖は強い。紙が小さいのに日本規格じゃなかったり用紙の不具合は多い。

國高:輪転と枚葉でこっちの機械やってみたいとかってあるんですか?

墨川:うーん、それぞれまた違うからなあ。枚葉は1つの紙でそのあと断裁に回っていくと思うんだけど輪転はロールで印刷が続いて荷造りまでが全部やらないといけないし。

國高:全然違うのか。

墨川:枚葉の紙積みって大変よね。多分自分、出来ないと思う。

國高:現場の人って全員紙積み出来るのかと思ってた!

人事:最初は少ない枚数からやっていくんだよ。

墨川:今何枚くらい持てるの?紙圧にもよると思うけど。

佐古:枚数というより20kgちょいの重さくらいかな。

人事:紙の面積に合わせて換算したら3倍くらいの重さを持ってる感じだよね。

佐古:重さより厚さで持ちやすさとかも変わるから、紙圧によるかな。

墨川:自分もシートで持つことあるけど、力はあるけど指が短いから届かない。(笑)

國高:本当だ!私の方が手大きい!(笑)

墨川:あんま見せたくないのよ。(笑)

お仕事で達成感を感じる時


墨川:やっぱり色調とぴったりあった時かな。あとは部長にみてもらった時に「いい感じに出てるじゃん」とか言ってもらった時自分が良いと思った色が合ってるんだって思うと嬉しいし達成感を感じるかな。

國高:おお~、師匠に認めてもらったみたいな感じ?

墨川:皆それぞれ最終的に目指す方向性とか品質は一緒なんだけど、明るめとか暗めとか色の出し方は人によって違うものがある。その中でもトップの部長にみてもらって良いねと言ってもらえたらやっぱり嬉しい。

國高:佐古さんは?

佐古:細かい仕事が多いから1日でどれだけつめられるかかな。

國高:おお~。

佐古:仕事つめたらつめた分だけ機械の稼働率もあがるからその分コストも下がるし。後工程の様子を見ながら、繋げた方が良い仕事は繋げたり。

墨川:その辺は輪転も一緒だね。同じ紙の種類だったら一緒に流したり、特色とか型替とかするね。

人事:枚葉はこれが終われば次のお仕事、って細切れに続くよね。

墨川:準備の方が時間かかりそう。(笑)

佐古:本当そう。(笑)

國高:平均的に1日何セットくらい?

佐古:うーん、今日だと6セット。

墨川:すごいなそれ。(笑)

國高:6回これ(紙積みジェスチャー)やってるって事ですよね。(笑)

FUJIMOTO座談会の様子

最近気になること


國高:私達は同世代(昭和61年)ですし、この歳になって気になることとか。

墨川:色々あるからねえ。今奥さん実家に帰らせてるんだけどコロナで中々会えなくて日々子供の成長動画を送ってくれるから癒されてる。

人事:いい奥さんだよね。

墨川:しょっちゅう水戸井さんに相談してる。

國高:寂しくて?(笑)

墨川:いや、手当とか保険とか、奥さんが妊娠した時もかかる費用とか。全部聞いてる。(笑)

國高:当社にそんなサポートが!(笑)

人事:聞いてくれたら分かる事は全部答えますよ。

墨川:すぐラインする。(笑)

國高:そういえば佐古さんってご結婚されてるんです?

佐古:してないよ。

人事:僕と佐古くんは結婚しない同盟組んでるから。

FUJIMOTO座談会の様子

國高:勝手に変な同盟組まれてますよ!(笑)

佐古:(笑)。でも本当に、全くするつもりがない。

人事:でもどこでどうなるか分からないよね。

國高:確かに。私も全くするつもりなかった。(笑)あと最近気になる事っていえば、前は調子が悪いと疲れかな~って思ってたのに最近だと真っ先に病気かなって思うようになった。

一同:(笑)

墨川:分かる。あと22歳から交代勤務始めて寝ずに夜勤行ったりとかしてたけど30歳になってからはもう体が無理(笑)

人事:寝ないで夜勤は年齢関係なく危険だよ。(笑)

これから挑戦してみたいこと


墨川:子供の食べるご飯とか、今は奥さんが全部作ってくれるけどこれから奥さんが働きに出たりとかした時、自分もご飯作れるようになりたい。

人事:墨川くんはひとり暮らしはした事ないよね。

墨川:ないですね。結婚するまでは実家だったんで。でも今は料理作ってますよ。この前親子丼作ったんですよ。

一同:おお~

墨川:自分でいうのもなんですけどめっちゃうまかったんですよ。(笑)目分量でばばばってやったんですけど。

國高:たまにやる料理ってこだわりつまってますよね。毎日やる主婦とかは食材も極力使いまわしたりルーティンの中での作業になるけど。

墨川:やっぱその時にしか作らないとね。奥さんとかはずーっと作ってるから簡略化したり必要じゃないものは買わずに節約して上手に作るとか。自分で作った親子丼でも、上に三つ葉とか乗せてるし。(笑)

一同:(笑)

墨川:わざわざ三つ葉探したよ。

國高:誰に向けた三つ葉!じわじわ来る。(笑)

墨川:奥さんに食べさせてあげたいって画像送ったら「ちなみに手洗った?」って返ってきた。(笑)

一同:(笑)

FUJIMOTO座談会の様子

國高:我が家は旦那さんが料理好きなんですけどこの前作ってくれたオニオンリングがモスバーガーを超えてて結婚して良かったって言ったら「やろう」ってドヤってました。

墨川:自分も料理がちょっと出来るように、奥さんに認めてもらえるようになりたいかな。

人事:ゆくゆくは子供に認めてもらうと。

墨川:それ、いいですね!(笑)

國高:佐古さんのこれから挑戦してみたいことは?

人事:結婚?

佐古:いや、まったく求めてない。(笑)

人事:趣味は?

佐古:今はVR。チャットというか、VR上で人と普通に喋れるバーチャルSNS。

墨川・國高:何それ何それ!ゲーム?

佐古:見た目は違うけど、自分の体通りに動いてその中で話しが出来るSNS。

國高:アバターみたいな?私進撃の巨人のエルヴィン団長が好きなんですけどそれにもなれる?

墨川:自分はリヴァイが好き、リヴァイの声優さんが好き。

佐古:著作権的にないかも。(笑)

人事:それって誰でも入っていけるの?

佐古:有料も無料もあるし、パソコンがあれば一応デスクトップでも出来る。

國高:ソーシャルゲームの最新版か。

佐古:最先端かな。

國高:やばい私ツイッターとかもよく分かってないのに。リツイートの仕組みとか。

墨川:自分も。そもそもリツイートとかが何って感じ。(笑)

…とここでお時間がきました!

記念すべき第1回目。普段それぞれ違う部署でお仕事をしていて、特に現場の方達は日中は基本的に機械を稼働させているので今回色んなテーマでお話が出来て、現場目線の印刷の面白さなどを知る事が出来てとても楽しかったです。同世代トリオ、これからも頑張って行きましょう! 墨川さん、佐古さん、ご参加有難うございました!

FUJIMOTO座談会の様子

>>次回予告
第2回は新卒女子による女子会を実施予定です

HOMEに戻る
エントリーはこちら