株式会社藤本コーポレーション

FUJIMOTO座談会/Discussion Meeting

第3回|デザイナー田中さん座談会やってみた!

今回は参加者がまさかの全員田中さん!
という事で進行も今回は人事のニューフェイス田中さんにお願いいたしました!


亜依さん:まずは初めまして、人事の田中です。(笑)
早速ですが、トークテーマ1から行きたいと思います!
ずばり藤本コーポレーションに入社する前は?

一同:…。(笑)

友紀さん:話す順番とか決めますか?

広報:いいですね、zoomじゃんけんしてみますか?(笑)

一同:じゃあ最初はグー、じゃんけん…(時差)…(笑)

FUJIMOTO座談会の様子

広報:これ決まりました?(笑)

友紀さん:今一応、九州の美帆さんが1番?(笑)

美帆さん:はい。(挙手)(笑)

広報:そしたら時計回りで美帆さん、美里さん、友紀さんで行きましょうか。

一同:了解です。

亜依さん:では早速ですが、入社する前何をしていましたか?

美帆さん:デザイナーが20人くらいいる制作会社に勤めてまして、そこに8年いました。そこから転職なのでここが2社目ですね。

亜依さん:どんなデザインしてたんですか?

美帆さん:デザイナーとライターしかいない制作会社だったので代理店の営業さんとのやりとりが多かったですね。
撮影とか打合せとかずっと一緒に動いてて…いろんなことを経験させてもらいました。(笑)

亜依さん:それは、大変ですね。美里さんはどうですか?

美里さん:私はここが3社目なんですけど、前は制作会社にいて色々やらせていただいてて。
その前が製造業のデザインの方をやってたんですけど、1社目だったのでそんなデザインとかはやってないんですけど。

一同:(笑)

美里さん:やっと2社目の会社で、アドビソフト動かせます!みたいな感じになって浅い経験なりにこの業界に入らせていただいて今に至ってる感じで…
こんな感じでいいんですかね?(笑)

広報:バッチシです!私が参加した時より一番しっかり喋っていただいています!(笑)

美里さん:緊張しています。(笑)

友紀さん:私は一社目で、九州産業大学の芸術学部のデザイン学科に行ってて、稲冨さん(九州支社デザイナー)と一緒だったような。

美帆さん:いますいます。

友紀さん:プロダクトデザインを専攻していたんですけど、やっぱりイラストも好きだしビジュアルデザインの方がやりたいなって思って、就活してました。

亜依さん:まさにこのリクルートページの絵も友紀さんに描いていただいたという事で今はもう人事部が有難く多用させていただいています。(笑)
では、早速次のテーマでデザインの面白さとは、何でしょうか?

FUJIMOTO座談会の様子

美帆さん:難しいですね。(笑)
物心ついたときからずっと絵を描くのが好きで、小学生の時とか漫画家になりたいくらいに思ってたんですけど、専門学校に入って、友紀さんみたいに絵が上手な人と自分の差がすごすぎて、専門学校ですぐイラストは諦めたんですけど。(笑)

ただデザインってイラストが上手い人だけが生き残れる業界じゃないというか、自分が今まで見てきたものとかセンスで、どうにかやっていってるみたいなところが楽しいなって思います。
別に勉強とかして上手くなる、という感覚じゃないのが良いなって言う。

美里さん・友紀さん:(うなずく)

亜依さん:どんなものからアイディアとかってもらってますか?

美帆さん:えーなんだろう、日常見てる雑貨とか映画とか、なんとなくあーいいなって思うものは結構あります。

亜依さん:そういうのってメモとか書き留めてたりするんですか?

美帆さん:なんかぱっと覚えるか、なんならそのままパソコンとかアイパッドに入力するというか。

広報:芸人さんのネタ帳みたいな?(笑)

一同:(笑)

亜依さん:美里さんはどうですか?

美里さん:単純ですけど、人に喜んでもらえた時が一番うれしいかなって思います。

亜依さん:なるほど、お仕事してる中でお客さんの声とか耳に届きますか?

美里さん:そうですね、まだ私はそんなに外に出てどうこうっていう立場じゃないんで分かんないんですけど、でも自分が携わったお客さんのビジュアル見たりとかこれ携わったなってのを見たりすると、やってて良かったなーっていう風に思いますね。

亜依さん:そうなんですね、美里さんもどういうところからアイディアを出したりするんですか?

FUJIMOTO座談会の様子

美里さん:なんだろう、美帆さんみたいなすぐに取り掛かれるレベルではないので。(笑)

美帆さん:いやいや(照)。

美里さん:身近なチラシからみて勉強したりしてますね。

美帆さん:すごい分かります。

美里さん:映画とかそういうところから引っ張れる人はやっぱすごいなって思います。

美帆さん:いやいや(照)。

美里さん:私もっと細かいところをもうちょっと勉強したいなと思っている感じです。(笑)

美帆さん:社内で刷りあがったものみて、たまにおおーめっちゃいいなあって思って、これ誰がデザインしたんだろうってのは結構あります。

美里さん:分かります。今日も朝届いてた中に某会社さんのオーガニック系の冊子物を朝たまたまみて、それとかすごい良いなと思ってそれ見て盗んでしまいました。(笑)

友紀さん:(挙手)有難うございます。

一同:おお~デザインしたご本人!

美里さん:すごい、すごい好きですあれ!

友紀さん:有難うございます。(照)

美里さん:っていう感じで、いつも勉強させてもらっています。(笑)

亜依さん:友紀さんはどうですか?

友紀さん:本当、今みたいなのが嬉しいですね。

広報:つながった!(笑)

友紀さん:褒めてもらったりした時とか。

亜依さん:本社は結構、人数が多かったり営業や生産現場と近かったりしますけど、そういう声多いですか?

友紀さん:営業さんによるんですけど、あれ良かったよって言ってくれる方いますね。

亜依さん:情報をどこから得る、とかありますか?

FUJIMOTO座談会の様子

友紀さん:この辺って田舎だからあんまり外出ても情報が少ないので、(笑)
ネットとか見て参考になりそうなものを保存したりしています。

亜依さん:社内のデザイナーさん同士でアイディアを出し合ったり、意見交換会とかって開かれたりしてるんですか?

美帆さん:企画部の中ではそんなしっかりした話はしないかもしれないです。
それこそさっきもあったように、社内でもこれ上手やん誰が作ったんだろう、あの人かなみたいなのはありますけど、あまりおすすめの資料はこれだよ、みたいのは無いかもです。

亜依さん:そういうのあったりすると嬉しかったりしますか?

美帆さん:どうだろう、企画部の人って多分みんなそれぞれ感覚が違うのが面白いので、全然意見が違う人と同じ環境で仕事してるというのが他の業種に無くて面白いと思ってます。

亜依さん:ちなみに社内社外問わないんですけど尊敬するクリエイターさんっていますか?

美帆さん:有名なクリエイターのであれば、吉田ユニさんの作品と考え方がすごく好きです。
社内だったらさっきも友紀さんが言われてた稲冨さんですね。
本当にすごい助けてもらってて、デザインも上手だし、制作も出来てちゃんと後輩の管理が出来てる上司って今まで出会えたことなかったので。

亜依さん:好評価ですね。

美帆さん:ここ、書いといてください。(笑)

一同:(笑)

広報:任せて下さい!(笑)

亜依さん:美里さんどうですか?

美里さん:そうですね、著名な方だと私一回大学で佐野研二郎さんに来ていただいたことがあって、その時の話し方とか今までの経験とかを聞いてると、こんな快活な人がこういうデザインするんだっていうので、すごいいいなって思ったんですけど、オリンピックのロゴの件がありましたが、とても好きです。(笑)

一同:(笑)

美里さん:社内だと広島の方はベテランの方が多くて、皆さんには本当にいつも助けてもらってて、色んな個性があって、本当に尊敬しております。ここ、書いておいてください。(笑)

一同:(笑)

広報:ちなみにちょっと興味本位の質問なんですけど、あのオリンピックロゴの件って、デザイナーさんの立場から見るとどう思いましたか?

FUJIMOTO座談会の様子

美里さん:なんか最初は言いがかりじゃないのかなって思っちゃったりもしました。
特に幾何学の模様って結構ある形だし、探せば本当にいくらでもあるところを突っ込まれてるのをみると、ちょっとかわいそうだなって私は思っちゃいますね。
うがった見方かもしれないですけど。(笑)

一同:(笑)

広報:広告にしても基本、何かしらを参考にして生まれるものも多いですもんね。

友紀さん:本当、気を付けようって思いました。参考とかにも結構したりするので。(笑)

一同:うなづく。

広報:すみません、これいつかデザイナーさんに聞いてみたかったんです。(笑)
有難うございました。友紀さんは尊敬するクリエイターさんいらっしゃいますか?

友紀さん:どうだろ意外にぱっと思いつかなくて…
イラストレーターの人だったら長場雄さんとかすごいお洒落な絵を描かれるんですけど、全然私とは違うんですけど憧れるって言うか。

亜依さん:社内で誰かいますか?

友紀さん:みんなすごいと思うのと、自分が作るものと全然違うタッチのものとか自分には出来ないなって思う事が結構あるので、皆です。(笑)

亜依さん:なるほどですね。ではトークテーマ4に行きます!仕事で達成感を感じるときは!?

美帆さん:達成感…そうですね、九州に限らずかもしれないんですけど、大型案件がわりと定期的に入ってきて、あまり大きい声では言えないんですけど、そこそこ遅くまで残ったりとか(笑)

一同:(笑)

美帆さん:しょうがない日もたまにあったりするんですけど、九州はあんまり一人で残るという事がなくて、一緒にチームの人達とちょっとぐちぐち言いながらやって…

一同:(笑)

美帆さん:ただ大変だった案件も終わった時にそこでまずものすごい達成感を味わえるんですけど、その結果が出て、割と売り上げがいいよとか営業さんに教えてもらった時に辛かったけど、やらせてもらってよかったなというのはすごい思います。

美里さん:そうですね、私もすごい大変だった制作物とか。
夜遅くまで掛かった仕事は、大きい仕事ではなくても無事に終わって良かったって言う達成感がありますね。

友紀さん:私も同じですけど、お客さんに褒めてもらえた時とか、あとはコンペがとれた時とかはやっぱりすごい嬉しいですね。

亜依さん:それぞれの支社でお仕事の特色とかってありますか?

美帆さん:これもあまり大きい声で言えないですけど、例えば一個カタログのお仕事がとれて、みんなでやったーって頑張って1冊作りあげたら、他の営業さんも一斉にそのカタログをもって営業かけにいくので、同じ業種のカタログまみれになって。

一同:(笑)

美帆さん:洋菓子とか他の業種もあったりしても良いのにって思うんですけど、営業さんの素直さが案件に反映されているような気がします。

一同:(笑)

広報:ちなみに他の人や他の拠点のお仕事でやってみたかったとか、あれ私にやらせればよかったのに(笑)とか、ありますか?

美帆さん:本社がやってるお菓子関係がやっぱ、九州にはあまりないのでスゴイ羨ましいです。

FUJIMOTO座談会の様子

友紀さん:そうですね、お菓子はやっぱり楽しいですね。
撮影見てるだけでおいしそう~ってテンションあがります。(笑)

美里さん:広島はマンションの広告が多い感じです。私はマンションを買っていただいた方へのパンフレットとか、その中に挟む仕様一覧とかを担当しています。
なので、違う分野のデザインをされている九州も本社の仕事もすごい良いなって思いながらやっている感じです。(笑)

一同:(笑)

美里さん:その代わりマンションとか買うつもりはなかったんですけどすごい知識が増えて、すごいこんな法律あるんだとか、社会的な部分の勉強をさせてもらっています。(笑)

亜依さん:なるほどですね。(笑)では友紀さんお願いします!

友紀さん:九州に以前いらっしゃった方なんですけど、イラストのお仕事をよくされていてキャラクターデザインの仕事とかも見せてもらったことがあったので、うらやましいなと思ってました。

広報:これを機に営業さんにイラストのお仕事増やしてもらいましょう。(笑)

亜依さん:それでは最後に、これから挑戦してみたい事は!?
仕事でもプライベートでも可です!

美帆さん:学生の時にデンマークとスウェーデンとフィンランドの北欧に旅行に行った事があって、10日間だったんですけど、死ぬまでにもう1回北欧は行きたいと思ってるんで、英語圏ではないんですけど、英語が喋れるようになってまた行きたいなって思っています。

一同:おお~!!

友紀さん:何目的で行かれたんですか?

美帆さん:今みたいにIKEAとかH&Mとか、北欧のブランドが日本に入ってくる前だったので、そういう家具とかのデザインががすごい発達してたり、美術館のクオリティが高かったりというのを聞いてたので、基本的にそういうのをめぐるような感じで3か国行ってきました。

広報:いいな~スウェーデンの駅がお洒落と聞いて私も一度行ってみたくて。

美帆さん:でも旅行に行って半年もたたないうちに、H&MとかIKEAとかあと100均のフライングタイガーとか、一気に日本に入ってきたので、なんか北欧で買ったのに日本で買ったみたいな…

一同:(笑)

美帆さん:タイミング悪かったかなっていうのはありました。(笑)

亜依さん:それは、落ち着いたらもう一回いきたいですね、

美帆さん:絶対行きたいですね。

亜依さん:では、もう他思いついた方挙手制で。(笑)

美里さん:あ、じゃあ私も便乗していいですか?私はスペインに行ってみたいです。

亜依さん:すごーい、それはなにゆえ?

美里さん:サグラダファミリアという建築を死ぬまでに一度見てみたくて。
なんか未だに完成していない建築をずっと立ててるってすごい、良いなとおもって。
ゴールしちゃったらつまんなくなっちゃうのかもしれないんですけど、あのロマンが良いなって思ってずっと行きたかったんです。

美帆さん:スペインも英語ですかね?

美里さん:確か、英語圏じゃないはず。

友紀さん:トマトを投げるお祭り、スペインありますよね?

美里さん:ありますあります。

亜依さん:スペインって牛に追いかけられる祭りありますよね?

美里さん:え、マント持ってひらひらさせてえいってやつではなく?(笑)

亜依さん:それもあって、あとは祭りで街中を牛が走り回るって言う。

美里さん:えー、そんなのあるんだ。(笑)
でもああいう日本とは全然違う文化っていうのは面白いと思いますよね。

友紀さん:じゃあ、私も便乗します。私はイギリスに行きたいです。

美里さん:ああ~いいですね~。

亜依さん:皆さんやっぱアート目的になるんですかね?

友紀さん:私はちょっと違って、ボヘミアンラプソディという映画があって、あれを観てQueenをすごい好きになって、行ってみたいなあって。

亜依さん:聖地めぐり的な。じゃあ私も一応便乗して、私は近場の近場、東京ディズニーランドにすぐにでも行きたいです。(笑)

広報:(笑)本当に早く旅行が出来るようになるといいですね。

亜依さん:トークテーマが終わりましたが、何か他にお話ししたい事等ありますか?

友紀さん:ひとつ、スゴイどうでもいい事なんですけど。美帆さんと美里さんって美しいって字まで一緒じゃないですか。印鑑ってお2人ともフルネームなんですか?

一同:(笑)

美帆さん:私フルネームです。

美里さん:私は田中(美)になってて。

FUJIMOTO座談会の様子

美帆さん:それで私が入社した時、田中(美)まではもういるからフルネームってなりました。

一同:(笑)

友紀さん:すごくどうでもいいかもしれないんですけど、何か気になって。(笑)

広報:でも今回まさに人事含めて皆田中さん、印刷現場にも商品開発部にも田中さん、うち田中さん確実に多いですよね。

亜依さん:私が商品開発部の事務所に行った時田中さんって呼ばれるとどっち?になりますもん。

友紀さん:なんか商品開発部の田中さんが企画部に居た時は大きい田中さんと小さい田中さんで分けられてました。性別とかで分けても良いのに。(笑)

広報:ありましたね!今でこそ友紀さんって呼ばせていただいてるんですけど、前は暗黙のルールなのかリトル田中さんって呼ばされてました。(笑)

美帆さん:メールとかでも、田中部長宛てで、「CCに田中も入れています」「田中にも返信お願いします」って、なんかもう何?みたいな

一同:あるある。(笑)

美里さん:ここまで揃うと意図的に“田中”を採用してるのかな?って思う時ありました。
揃えたいのかなって。。

一同:(笑)

友紀さん:私、小中高大と田中だらけで、入社しても田中がいっぱいですよ。(笑)

美帆さん:私、田中美帆って漢字まで完全に一緒の同級生いました。

一同:えええ!(笑)

美帆さん:漢字も全部一緒で、同じクラスで、田中美帆どうしでした。(笑)

亜依さん:田中の苦労って結構ありますよね、病院で田中さんって言われて反応したら違う的な

一同:あるある。(笑)

美里さん:ええ!?みたいな。(笑)

亜依さん:こっちじゃなかったなみたいな。(笑)

広報:これに味をしめて今後も田中さん、増えるかもですね。(笑)

と、ここでお時間が来たので終了となりました!

今回は初の試み、支社間とのZOOMでの座談会となりましたが、デザイナーさんならではの面白さ、お仕事のあるある、最後には「田中さん」あるある話までたくさんお話が出来て、とっても楽しい時間でした!特に本社←→支社では業務的なMTでお話する事はあっても、こういう形でざっくばらんにお話する機会はあまりないので、とても貴重であっという間の1時間でした!亜依さん(人事)の初進行もご立派でした!

改めて、友紀さん、美里さん、美帆さん、ご参加有難うございました!

FUJIMOTO座談会の様子
HOMEに戻る
エントリーはこちら